見学希望の方へ

こちらをご覧下さい。

このHPの目的

このHPは、武神館や古武術、忍術にご興味を持ってくださった方に、適切な情報をお伝えすることを目的に作成いたしました。素人の門下生が作成しておりますので、見にくく、わかりにくい部分もあると思いますが、何とぞご容赦ください。お問い合わせの一助になれば幸いです。

 手塚道場HP管理人

シニアの方へ

 当道場では、武神館に入門するまで武道経験のなかったといういぶし銀の方々が数人いて、飄々と稽古されています。武道経験のない方は、言い換えれば他の武道で身に着けた癖や先入観がないため上達が早いように感じます。また、年齢の高い方は人生経験も豊富なわけで、その分、自分の感情や日々のスケジュールなど、武道の上達に実は大切な周辺条件のコントロールが抜群に上手のように見受けられます。
 ときどき、「現在○歳です。武道未経験です。入門しても稽古できるでしょうか。」というお問い合わせをシニアの世代の方々からいただくことがあります。当道場のシニア世代を見ている限り、年齢は関係なく、やる気次第、と答えられます。最初から全部通しで参加できなくても、休み休みでも、毎週稽古を続けていけば皆、同じように上達していっているからです。
 初見良昭宗家は現在84歳で、今でも現役で指導を続けています。宗家の強さは「年齢の割に強い」のではなく、毎年毎年現在進行形で年齢を重ねるごとに強くなり続けていらして、海外から習いに来る屈強な軍人たちも含めて弟子たちは、必死に彼の強さを追いかけて努力しているという状況です。60歳でご入門なさっても、まだ宗家の現在の年齢まで24年あります。年齢だけを理由にこの武道を習ってみないのは、もったいない気がいたします。
 スポーツと違って、正しい稽古をして正しいからだの使い方を学んでいけば年齢を重ねるごとに強くなっていけるのが、古武道のひとつの魅力だと思います。
 手塚先生の話の受け売りですが、誰かと自分を比べているのではなく、昨日の自分より少しでも強くなっていれば、その積み重ねはいずれ、数年前の自分にはなかった革命的な差を生み出すのではないかと思っています。まだ年齢が若い管理人の私でも、何もしなかったら、よくて現状維持で悪ければどんどん筋力も体力も思考もおとろえていってしまいます。
 手塚道場においては年齢うんぬんで何か周囲の対応が変わるということはなく、皆お互いに武道好きの同士として接しています。お話も楽しい、人生の先輩たちですから。
 余談ですが、先日、鎧兜を身に着けて動いてみるという稽古を門下生のほぼ全員で行いましたが(先生の持ち物をお借りしました)、年齢層が上の方々は、若造には絶対に出せない物凄い魅力を放っていました。古武術は、年齢が上の方々によく似合うと私は勝手に思っています。   

連絡所住所

〒104-0033
東京都中央区
新川2丁目6-3-201
電話番号などはこちら